別の職種を経験する

転職する? 薬剤師として働いている方には「もっとスキルアップしたい。」
とお考えの方も多いのではないでしょうか。

そもそも薬剤師のみなさんは、国家資格をお持ちですね。
薬剤師として働いている時点で、一定水準のスキルをクリアしています。
これをさらにスキルアップしたいのであれば、どういった方法があるのでしょうか。

ご存知のように、薬剤師としての働き方、
薬剤師の資格を活かせる職種は、多岐にわたっています。
それぞれの職種には、その職種だからこそ必要とされる
経験や知識も当然存在しますから、
例えば、別の職種を経験することで、薬剤師という分野の中での
スキルアップが可能であるといえるのではないでしょうか。
そういった意味では、【転職する】というのもひとつの選択肢だといえますね。

薬剤師に限らずどういった職種にもいえることですが、
やはり多くの経験を積んでいることは、大きな財産になるものです。

薬剤師としての代表的な職種

薬剤師としての代表的な職種薬剤師としての職種の代表的なものには、
調剤薬局の薬剤師、病院薬剤師、製薬会社の薬剤師、
ドラッグストアの薬剤師などが挙げられます。

それぞれの職種ごとの大まかな特徴は、下記のようになります。

調剤薬局の薬剤師

医師からの処方箋を持ってやって来る、患者さんと接することになりますから、
患者さんに対して、薬の飲み方や注意点などのアドバイスをするなど、
さまざまな世代や症状の患者さんに、対応できる能力が養われます。

病院薬剤師

医師や看護師、そして患者さんとのコミュニケーションが必須になってきます。
チームとしての医療に関わることで、医療現場の渦中に身をおくことになり、
入院中の患者さんそれぞれに合わせた調剤を行ったり、検査結果などに即した調剤を行うことが多く、
内服薬の調剤のほかにも、注射薬の調剤や、抗がん剤の製剤なども行います。
医薬品に対しての知識はもちろん、薬剤師としての総合的な能力を要求されることになります。

製薬会社の薬剤師

患者さんと直接接する機会はほぼありませんが、
医薬品の研究・開発業務に関わることになるので、高度な知識と能力が必要となります。
治験業務に関わる場合にも同様に、医薬品に対しての高度知識や能力が要求されます。

ドラッグストアの薬剤師

市販薬を一般のお客さんに販売することがメインの業務なので、
接客業務の中で服用時の注意点やアドバイスを行うため、市販薬についての知識のほか、
お客さんとのコミュニケーション能力が必要となります。

すでにご存知かもしれませんが、現在いずれかの職種において働いている方が、
「他の職種ではこんな能力が必要になるのか。」という具合に
改めてお気づきになるケースもなくはないかと思います。

治験に関わる職種

治験に関わる職種また、薬剤師としての業務に限らない場合、
薬剤師としての知識や経験を活かせる他業種も、
これらのほかに多く存在します。
近年特に注目されているのが、新薬開発に関わる治験の職種です。

これらの職種は、特に資格が必要というわけではなく、
薬剤師の資格を活かせるというわけではありませんが、
薬についての知識や、薬剤師として従事していた経験を活かせる職種といえます。

臨床開発モニター(CRA)

新薬開発の最終段階ともいえる、治験業務が正しく安全に行われているかを
製薬会社の立場からモニタリングするのが主な業務です。
製薬会社に勤務する場合のほか、CROと呼ばれる治験業務に特化した企業に勤務し、
製薬会社から委託を受けて業務を行う場合とがあります。

治験コーディネーター(CRC)

臨床開発モニターが治験業務を製薬会社の立場からモニタリングする業務であるのに対し、
治験コーディネーターは、治験業務そのものが円滑に行われるよう、
製薬会社、医療機関、医師、被験者(患者)の間の調整(コーディネート)を行うのが主な業務となります。
医療機関に直接勤務する場合と、SMOと呼ばれる治験業務を支援する組織に勤務し、
契約した医療機関において業務を行う場合とがあります。

報酬や待遇などについて

例えば、上記のひとつの職種でのみ就業経験のある方が、別の職種へと転職した場合、
業務内容に違いがあるわけですから、それだけで薬剤師としてスキルアップが可能です。
当サイトのタイトルは、薬剤師転職スキルアップですからそれで良いといえば良いのですが、
転職するのであれば、報酬面や待遇面についても気になるところですね。

もちろん職種という大まかなくくりでは、一概にいえない部分もありますが、
全体的な傾向としては以下のようになります。

職種 報酬 待遇
調剤薬局の薬剤師 残業はほぼなく、土日祝日休のケースが多い
病院薬剤師 仕事量も多く、残業がある場合も
製薬会社の薬剤師 仕事量も残業も多いが、有給休暇などはとりやすい
ドラッグストアの薬剤師 休みがとりづらく、残業もある
臨床開発モニター(CRA) 仕事量も残業も多いが、土日祝日休のケースが多い
治験コーディネーター(CRC) 仕事量も残業も多いが、土日祝日休のケースが多い